阪急大阪梅田駅より徒歩2分。
大阪市北区にございます三木楽器が運営する 「大人のための音楽教室」
MIKIミュージックサロン梅田のスタッフblogです。
音楽が”はじめて”の方から”ご経験者さま”まで幅広くレッスンを行っております。

♪レンタルルームについてはコチラ♪<会員様ページ>

木管楽器のチューニング方法

いつもMIKIミュージックサロン梅田・スタッフブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

本日は、木管楽器のチューニングについてです。

寒さが増してきたこの時期、楽器をケースから取り出し後の拭き始めは、音程が全体的に「低い!!」上がらない!!」という事もしばしばあります。各楽器、もう一度チューニングの方法を確認いたしましょう。

 

■クラリネット■

f:id:mmsumeda:20211026152357j:plain

本体とバレルの間を抜き差しする事でチューニングを行います。「抜くと全体の音程が下がる」「差し込むと全体の音程が上がる」です。2本バレルが付属してある楽器の場合は、極端に抜かなければならない、反対に低すぎて合わせる事が不可能な場合は、もう片方のバレルを装着する事で改善できる場合もあります。※違うバレルを装着した場合、全体の音程バランスが変わる事もあるので要注意です!

またクラリネットは、寒い時期に急激に長時間演奏すると「割れ」を起こす可能性があります。気温の大きな差と、湿気と乾燥を繰り返す事が一番危険です。寒い時期は、ケースから出した後、上着などで包んで温めてから少しずつ息をいれた後に、演奏をスタートさせましょう。また、こまめにスワブを通して水分を拭き取る事は忘れずに!

 

■フルート■

f:id:mmsumeda:20211026152421j:plain

頭部管と本体のジョイント部分をスライドさせてチューニングを行います。「抜くと全体の音程が下がる」「差し込むと全体の音程が上がる」という具合です。

フルートの頭部管が抜けにくい・回りにくいなどの症状がある場合は、ジョイント部分の汚れを綺麗に拭き取りましょう。

 

■サックス■

f:id:mmsumeda:20211026152436j:plainネック(拭き込み口)に差し込んでいるマウスピースの抜き差しでチューニングを行います。こちらも回りにくくなっている場合はグリスを塗りましょう。(塗りすぎは抜けやすくなるので要注意です)

 

いかがでしたでしょうか?上記チューニング方法で、全ての音程が整う、という訳ではありません。上ずりやすい音、息が入りにくく音程が下がりやすい音はどうしても出てくるかと思いますので、ご自身の楽器の特徴をよく理解してチューニング・演奏をされることをおすすめいたします!

 

♪MIKIミュージックサロン梅田の「無料体験レッスン一覧」ページはこちら

taiken_bnr.jpg

 

生徒様のお声♪続々更新中です

皆様こんにちは。

いつもMIKIミュージックサロン梅田のブログをご覧いただき誠に

ありがとうございます。

 

いよいよ今日から大阪に出されていた全て時短要請が解除となり、

商業施設や、飲食店が通常通りの営業時間になりますね。

MIKIミュージックサロン梅田では11月もたくさんの無料体験レッスンをご用意しております。

何かを始めたい、独学でやってみたけど上手くいかない、

自身の趣味を見つけたい、、etc きっかけは色々です。

 

MIKIミュージックサロンの各コースの生徒様のお声を集めた公式ブログ、

MIKI MUSIC SALON BLOG”Music Letter”。

こちらでは各コースの生徒様に、

レッスンを始めたきっかけや

レッスンに通われる中での印象的なエピソード、

レッスンを通してこれから挑戦したいこと、をお伺いして

掲載させていただいております。

 

miki-salon.hateblo.jp

スタートは楽譜を読めなくて、という生徒様がほとんど、

そんな中スタートしたミュージックライフのストーリーがたくさん掲載されています。

是非、ご覧くださいませ。

 

ミュージックライフの始まりはMIKIミュージックサロンでありますよう

今日も、皆様のお越しをお待ちしております♪

 

♪MIKIミュージックサロン梅田の「無料体験レッスン一覧」ページはこちら

taiken_bnr.jpg

 

 

11月レンタルルームカレンダーを更新しました♪

皆様こんにちは。

いつもMIKIミュージックサロン梅田のブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

明日より11月のレンタルルームご予約を受け付けております♪

(次月分のご予約は毎月25日より開始)

その際にご活用いただけます、11月レンタルルームカレンダーを更新いたしました。

ぜひこちらを見ながらご予約くださいね!

 

掲載はこちら

mikimusicsalonumeda.hatenablog.com


上記ページは、生徒様専用のレンタルルームご予約専用ページでございます。

翌日の空き状況

当月のおおまかな空き状況

メールフォームより簡単にご予約

の3つができるページとなっておりますので、ぜひご活用くださいませ♪

(レンタルルームのご利用方法についてはこちらをご覧ください)

 

皆様のご予約、ご利用をお待ちしております。

 

♪MIKIミュージックサロン梅田の「無料体験レッスン一覧」ページはこちら

taiken_bnr.jpg

YAMAHAクラリネット 「SE Artist Model YCL-SEAM」をご試奏いただきました

みなさんこんにちは。いつもMIKIミュージックサロン梅田のブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

YAMAHAクラリネットの中では最上級モデルとなるSEシリーズの集大成、「SE Artist Model」を生徒様にご試奏いただきました!

f:id:mmsumeda:20211023143836j:plain

1 . ヤマハ木管楽器初の"Artist Model"

ヤマハの持つ技術と匠の持つ技法を磨き込み、フラッグシップとしてふさわしい風格と品位を持つ楽器のみにつけられるカスタムモデルの最上位シリーズ名“ArtistModel”をヤマハ木管楽器として初めて採用。

2 . ヤマハクラリネットの技術を磨きこむことで、数多くのパーツを再設計

柔らかく豊かな響きを持つSEシリーズの基本コンセプトはそのままに、楽器の心臓部でもある管体とトーンホールの仕様を再設計。音程の良さはもちろん、低音から高音までの抵抗感、吹奏感の均一さと、深みのある音色を実現。

f:id:mmsumeda:20211023143940j:plain

3 . 演奏時のサポートを広げる、熟考された操作性

これまで以上に奏者が演奏表現に集中できるよう、楽曲により難しい指使いや音程などをサポートする、低音補正システム、左手E♭レバー等の操作機能を装備。

4 . 最上位モデルに相応しい高級感あふれる外観と仕様

シリーズ名を刻印したイニシャルプレート。キイポスト、胴輪のピンクゴールドメッキ。ケースカバーのオリジナルチャーム。華やかな印象の中に重厚感と威厳をもった外観と仕様。

f:id:mmsumeda:20211023143946j:plain

※写真は全てA管です。

 

普段教室には並んでいない商品もMIKIミュージックサロン梅田にてご試奏いただく事が可能です。ご興味がおありの方は、是非ご相談くださいませ!

※メーカー在庫などの関係でご試奏できない商品もございます。予めご了承ください。

 

jp.yamaha.com

 

www.mikimusicsalon.com

津軽三味線講師・喜多寧先生インタビュー 〜Smile Project ver.2〜

いつもMIKIミュージックサロン梅田のブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

Smail Project ver.2。本日は、「津軽三味線コース」の喜多寧先生にお話しをお伺いしました。先生の音楽に対する情熱的なお気持ちが垣間見ることの出来たインタビューでした!

Q.喜多先生と津軽三味線の出会いを聞かせてください

まずは音楽との出会いから。高校生の時バイトをしていて、お金がどんどん溜まったんですよ。そこでなんか買おうかな?と思った時に、気まぐれで手に取ったのがエレキギターでした。

f:id:mmsumeda:20211022113843j:plain

(最初から津軽三味線ではなかったのですね)

そうなんです。友達に「お前すごいなぁ!」って少し自慢ができればなっていう程度でギターを始めました。

そこからバンドを組んでオリジナル曲を作って演奏をしていたのですが、「もっと自分のオリジナリティーを追求したい!」という想いが出てきたんです。その後、アメリカのロックバンド「The Band」やイギリスのロックバンド「Led Zeppelin」など、ルーツのあるバンド音楽に特に影響を受けました。

そこから「The Band」のような芳醇な音楽に自分のルーツを沢山含んだ、新しい音楽をしたいと考えるようになったのですが、アメリカのやイギリスの音楽を頑張って演奏しても、自分のオリジナリティにはならない、、、とふと我に返ったんです。

そんな時、インドに1ヶ月間旅に出ることにしました。インドに何か答えがあるような気がして、、、

 

ー日本の音楽との出会いー

インドでは日本のことを沢山聞かれました。でも僕は全く日本のことを答えられなかった。。。恥ずかしかったです。。そこから、日本の音楽や文化について帰国後猛勉強を始めました。日本の歴史や音楽なら何でも学びたいと思ったのですが、まずは龍笛を学び、ここで初めて三味線にも触れました。

そして、日本の雅楽や歴史を学ぶ中で、「三味線」という楽器が自分にフィットし、続けてこられ、今現在に至ります。また三味線を始めた頃、テレビで「津軽三味線奏者・高橋竹山」の特集が放送されていた事も大きく影響を受けた1つです。「日本以外には無い物で、これほどまでに魂揺さぶる音楽はない!」と感動をした事を今でも覚えています。

 

Q.先生は人前での演奏時、緊張はしますか?(妙な質問ですが、、、)

f:id:mmsumeda:20211022120622j:plain

緊張することはもちろんあります。緊張しない方法を僕が教えてほしいくらいです(苦笑)緊張をできるだけしないようにするには、やはりそれだけ「練習回数」をこなすことは必要。回数といっても、やみくもに練習回数を重ねるのではなく、1回1回「悩む」という事が大切です。「演奏角度が悪いのかなぁ」「指の使い方が悪いのかな」「楽に弾けるにはどうしたら良い?」など毎回悩みながら練習していくと、自分の中で演奏することが、当たり前になってくるんじゃないかと思っています。ちなみに津軽三味線はギターほどは緊張しません、、やはり、「寝ながらでも弾ける」というところまで自分に染み込んでいるからでしょうね。

 

Q.楽器や周辺の小物など生徒様へのおすすめはありますか?

津軽三味線は楽器本体部はクオリティー重視なので後からあまりいじる事はないのですが、「駒」は材質などを変える、「糸」は号数を変えてみる。この2つに関しては、交換してみるだけで音色が変わります。そんなに高価な物でもありませんので、みなさんも色々試してみても面白いと思いますよ!

f:id:mmsumeda:20211022114625j:plain

Q.影響を受けた、書籍、音楽などを教えてください

影響を受けた音楽は写真のように沢山あります。

書籍に関しては、日本の音楽の歴史や雅楽の歴史を辿る分厚い辞書のような本も読みましたし、後はキースリチャーズの音楽雑誌インタビューなども、自分の音楽を奮い立たせてくれた読み物でしたね。

f:id:mmsumeda:20211022113713j:plain

喜多講師の影響を受けた音楽CD

Q.最後に、受講生のみなさまに一言お願いします

音楽、楽器演奏技術は一朝一夕で習得できるものではないので、焦らず長い目で見て続けていくのが良いと思います。ある程度の技術や知識を得られた後に見える世界こそが魅力的なので。楽しんで参りましょう。

 

喜多先生ありがとうございました!

 

↓↓喜多先生にご担当いただいております津軽三味線コースの詳細はこちら↓↓

www.mikimusicsalon.com